スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒキニート遊星さんとリア充ジャック(2)

※現パロつづきです。なんか遊ジャというよりカーチャンとゆうくん…
翌朝、父が出かけてから、遊星は部屋を出てキッチンを覗いた。こんな時間に母と顔を合わせるのは久しぶりのことで、花に水遣りをしていた母は驚いた様子だ。

「おはよう遊くん。あ、あのね、昨日のことなんだけど、遊星がほんとに嫌だったら、お母さん謝っておくから…」
「いいよ。」
「え?」
「会いたいし。」
「…本当に?」
「うん」

母の顔に、こぼれんばかりの笑顔が咲いた。

「部屋、かたづける。」

約束の土曜日まで、あと4日。遊星の奮闘が始まった。

溜め込んだ漫画雑誌は全て捨てる。単行本やゲーム、CDの類は売る。もう内容は覚えているのだ。どうしても欲しくなったらまた買えばいい。問題は模型やフィギュアの類だ。本やゲームと違い、自分で組み立てたものや、工夫して改造を施したそれらにはどれも愛着があった。ソフビ人形やキーチェーンなら箱に詰められるが、つくりの細かい模型やフィギュアは壊れてしまいそうで躊躇われる。元箱があるものだけでもそこに収めてみたが、とてもではないが遊星に収まる量ではなかった。遊星は頭を抱えた。

(くそ、こうなったら開き直るしか…)

どうしても憚られるもの─ちょっとエッチなフィギュアや美少女キャラのポスター、抱き枕など─だけをクローゼットに仕舞い、車や戦闘機の模型、一般人気作品のキャラや特撮ヒーローのフィギュアは元どおり飾ることにした。これぐらいなら単なる趣味だ。問題ない。そう自分に言い聞かせる。結局、ひとまずモノを分類して整頓するだけで2日かかった。

「遊くん、手伝おうか?」

母が心配そうに覗きに来る。

「いい、大丈夫。」

一旦断って、やはり思いなおした。

「…いや、あのさ、これ。仕舞いきれないんだけど、とりあえず置くとこないかな。」

フィギュアの入ったダンボール箱を指差した。母が目を輝かせる。

「いいわ、お母さん達のお部屋に置いてあげる!お掃除は?大丈夫?」
「これどけたらする。」
「棚とか籠は?要らない?」
「ベッド。欲しい。あとハンガーかけるやつ。」

母は喜び勇んで部屋の寸法を測り、車を出して隣町の大型家具屋に出かけて行った。そのはしゃぎように、今まで本当に心配をかけていたのだと。大量のゴミをまとめながら、遊星は申し訳なく思った。

敷きっぱなしの布団をどけると、長年掃除していなかった床は曇っており、なんだか細かい砂のようなジャリジャリとした感触がする。窓を久々に開放し、掃除機をかけ、一心不乱に床を拭いた。窓ガラス、サッシ、網戸、AVラックに本棚。あらゆる箇所に塵や埃が積もり、雑巾代わりのタオルや古布が何枚も真っ黒になった。長年の垢を落としているようだ。疲労と裏腹に、遊星の心は晴れていった。

「遊くんお疲れ様。わぁ、きれいになったねぇ!」

母がお茶を持って来た。2人並んでこざっぱりとした床に腰を下ろし、塩大福を齧る。開け放した窓から心地よい風が吹いた。

「あとでハンガーラック組み立てようね。ベッドは明日届くって。」
「うん」
「あとこのへんのもの仕舞ったらだいぶすっきりするね。」
「うん」
「よかった。遊くんが絶対嫌って言ったらどうしようかと思った。」
「ん…」
「そうそう、アトラス君すっごくかっこよくなってたのよ!モデルか俳優さんみたいでね、女の子がみんな振り返ってね。遊くんもきっとびっくりするわよ~?」
「…そうなんだ。」

(イケメン外人…)

彼の幼少時を考えれば、(欧米人にありがちな、残念な成長を遂げていなければ)さぞかし美男子になっているであろうことは容易に窺い知れる。はたして、そんな奴とまともに会話できるだろうか…。そのへんの店員との会話でも緊張するというのに。遊星が年齢を重ねたのと同じだけ、ジャックだって年をとっているのだ。ただ懐かしい一心だったが、よくよく考えれば小学生の頃から10年近く会っていない友人など、最早他人のようなものではないだろうか。遊星はちょっと怖くなった。

「ね、お母さんケーキ焼こうか。」
「いいよそういうの。」
「あら、そう?残念。あっ、そうだ。これメールね。」
「え?」
「アトラス君の。」
「は、早く言えよ!なんで母さんがずっと持ってるんだよ…!」

慌ててメモをひったくる。アドレスを携帯に入力しながら、何を送信しようかと考えて指が止まった。
何度も迷っては消し、最終的に至極簡単な文章だけを送信した。

『件名:久しぶり』
『本文:母さんに聞いた。土曜日楽しみにしてる。 遊星』

Trackback

Trackback URL
http://ningendog.blog48.fc2.com/tb.php/152-8612e124

Comment

Comment Form
公開設定

カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

イヌイ

Author:イヌイ
同人サイトの日記コンテンツです。
オフライン活動を告知したりどうでもいいことを書き留めたり。

検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。